腸内環境を整えるためにコーヒーエネマ


前にクリニックで腸内洗浄をしたことがあって、
予想していた痛みもなく長年のつまりが取れてとても満足したのですが、
そのすっきり感が自宅でも体験できるということで、
コーヒーエネマに興味を持つようになりました。

自分で腸に液体を入れるというのは、
ちょっと怖いなあというのももちろんあったのですが、
口コミを検索してみると快適だった、簡単だったという意見が多くあったので、
試してみれば案外楽にできることなのではないかとやることに決めたのです。

必要な道具はネットから購入しました。
色々と評判も検索して、腸に負担をかけない
腸内洗浄を行えるというものを選んでみましたね。

使い方もよく調べて、準備万端の状態にしてから、
コーヒーエネマに臨むことになりました。

使用する器具は、すごく医療系の雰囲気を感じさせる馴染みのないもので、
見ていると極めて重大なことをしている気分になりました。

そのわりに方法自体はかなり手軽なもので、
私はこのやり方であっているだろうかと何度も手順を見直す羽目になりました。

何度も確認してこれで大丈夫だと確信を得たところで、早速液剤を流し始めます。
処理に楽なように、バスルームのシャワーカーテンのところに
パックを引っ掛けて行いました。緊張の一瞬でした。

無理をするのはよくないということだったので、
とにかくつらくない程度を心がけました。
我慢する必要はなく、腸の中に水を長いこと溜めておかなくてもよいと、
説明に書いてあった通りに無理をせず排泄します。

おなかをマッサージしながら処理を済ませると、
さっぱりとした気分になりました。
痛いところも泣く、水が残っているなと不快に感じることもなく、
一発で腸内洗浄を成功させることができました。

あまり頻繁にやると癖になってしまうということだったので、
それからはどうしてもおなかの調子が悪くて困るというときだけ、
腸内環境を整えるためにコーヒーエネマをしています。

クリニックに行くより手軽で苦も無いので、本当に役に立つ頼れる相棒です。

まだ若いのに物忘れが・・・若年性健忘症か・・?

026

ここ1年くらいでしょうか。とにかく記憶力が悪くなった気がします。
まだそんな年でもないのに、人の名前は出てこないし、
しっかり手帳で管理しないと、予定を忘れてしまったりする。
もしかしたら、若年性健忘症かと心配になってしまいます。

若年性健忘症っていうのは、20代の人でも起こりうる健忘症。
日頃から脳みそを使っていないと、退化して健忘症になるらしいんです。

思えば、記憶力低下が気になるようになってきたのは、
予定を頭で覚えようとせずに、手帳のカレンダーに書いて、一旦忘れるようにした頃から。
で、さらに紙の手帳をやめて、スマホやPCのソフトでスケジュール管理するようになって、
さらに記憶力低下は加速したような気がします。

意識的に覚えておこうという習慣がなくなったのと、
字を書かなくなったというのが大きいのかもしれません。

あともう1つ気になるのが、私は魚が嫌いなんですよね。
つまり、DHAとかEPAとかの摂取量が少ないわけです。

この2つの栄養素って、脳の力を高めるために有効だとか言うじゃないですか。
なので、これらの栄養素をいかに摂るかっていうのが大事なのかとも思います。

ということで、とりあえず、DHAとEPAのサプリメントを購入して飲みだしたのと、
できるだけ頭を使うようにして、記憶力低下問題を解決しようと努力しています。

スマホでメモをするのではなく、実際に手で字を書くようにしていますし、
脳に良いとされる指回し運動とかもやってます。
あと、計算機もできるだけ使わずに、可能なものは暗算するようにもしてる。
昔は暗算は得意だったのに、気づけばかなり時間がかかるようになってしまいました。。。

まだ始めて1週間もたっていませんので、何も変化は感じません。
ですが、1ヶ月も続ければ、きっとなにかしら効果は出てくるんだろうな。
と、、信じて頑張ってみようと思います。
このままさらに記憶力が落ちるのは嫌ですからね。。

長芋パワーで元気回復

私は身体の底から力が入らない時は、滋養強壮を付けるために長芋を食べるようにしています。以前は栄養ドリンクを飲んでいたこともありました。

しかし、昨年あたりから栄養ドリンクを飲んだ時は身体が動くようになるのですが、その後のギャップがひどくて、急に体が動かなくなってしまうようになりました。

長芋は消化にも良いので、夜になって体調がすぐれない時も食べるようにしています。私にとっては即効性があり、早く元気になれるので、今は毎日のように食べています。

自然の食材で健康を維持できることが一番です。また野菜類は身体にも良いですし、加工品に比べると価格も安く、値段を気にしないで食べることができます。

これからも長芋パワーで体力を付けて、日々の活動を頑張っていきたいです。

和菓子が食べたいです

私はどういうわけか、子どもの頃から洋菓子よりも和菓子の方が好きです。洋菓子は、必要以上に砂糖が入っている感じがしてどうも苦手です。実際ケーキは甘すぎて、その印象が強く、もう20年くらい食べていません。

和菓子で一番好きなのは、きんつばです。小豆そのものを食べている感じがいいです。他には、みたらし団子も好きです。中でも団子に焼き色がついているものはおいしそうに見えて、そういう団子を見かけたときは、おなかがいっぱいでもついつい買ってしまいます。

小豆好きが高じて、自分で小豆を煮たこともあります。思っている以上に簡単なので驚きました。煮ている間は、他のことをしていられるのでそんなに手間がかかりません。ただ煮詰まってきた時は、目を離さないでください。焦げてしまいます。

疲れの取り方はいろいろ

以前、肝機能低下で疲れやすくなったということを書きました。
それから、かなり努力をして改善したようで、慢性的な疲れはなくなりました。
やはり、やることさえきっちりやれば結果って出るもんだなって思いましたね。
今回は良い経験をしました。

結果的に今回は肝臓が原因だったのですが、
疲れの取り方を知りたいということで、いろいろ調べることができたのも収穫。

例えば、デスクワークをしている人が疲れた場合は、
休むのではなくて、逆に運動したほうがいいなんていう知識は目からウロコでしたし、
疲れの原因によって、対策は変わってくるっていうのも理解できましたね。

やはり、元気に生きるうえで、休息と活動のバランスが大事。
日頃、体を動かさない人は、運動することでバランスを取らないといけないし、
体を動かしている人は、しっかり休息ととることでバランスがとれる。
そうすることで、体の疲れは抜けていくんですね。

疲れのケアって、楽しく人生を過ごすうえですごく大切なことだと思います。
疲れが溜まった状態では、何も集中できないし、楽しむこともできませんしね。

今回いろいろ勉強できたことを活かして、
今後はもっと楽しく生きていけるようにしていきたいと思います。

有終の美を飾ったジェンティルドンナ

もうずいぶんたちますが、
2014年の有馬記念はジェンティルドンナが勝利しました。

ジェンティルドンナは、このレースが引退レースではありましたが、
見事勝利をして有終の美を飾ったのです。

このレースが引退レースということもあり、また中山競馬場は初めてということもあってか、
人気の方はあまりありませんでした。

それでも、そんな中で見事勝利をしたわけですから、まさに名牝馬にふさわしいと言えるでしょう。
ジェンティルドンナは、このレースを勝ったことで、通算獲得賞金も歴代2位になり、
オルフェーヴルやブエナビスタやディープインパクなどの歴史的名馬の獲得賞金を超えたことになるのです。

ここ最近では、強い牝馬が立て続けに登場しているので、まさに牝馬の時代だと言えるかもしれませんね。

まさかの肝機能低下。。。

夏真っ盛りですね。毎日暑くて大変です。
どちらかというと暑いの苦手なんてこの季節は何もやる気になれません。
日本の夏は湿気があるからキツイですよね。

10年以上前になりますがロサンジェルスで42度というのを体験したことがありますが、
断然あの42度のほうが楽でしたよ。カラっとしているんで日本の35度よりもキツくなかったです。

さて、こないだ疲れが酷く、なかなかそれが抜けなかったんで病院に念のため相談しに行ったんです。
そしたら肝機能が低下しているって言われました。

先日、胃カメラを飲んだときは、特に問題なしってことで、
その後の胃の調子は良好だったんだけど、今度は肝臓です。。
しかも、肝機能が低下という症状が出てしまっている。

こないだから健康に気をつけて、水分を多めに摂ろうとかいってやってた矢先。
なかなかショッキングな出来事でした。

肝機能低下の原因はいろいろ考えられるらしいんだけど、
お酒の飲みすぎとか、油ものの食べすぎとかあるみたい。

私の場合、お酒はほとんど飲まないので対象外で、
油ものとか甘いものをたくさん食べているのが原因なんじゃないかと思ってます。
肝臓のまわりに脂肪もついてて、さらに機能も落ちているんだとか。

肝臓の機能が落ちると、体内の毒物の処理が滞りますので、
それが原因となって、疲れが抜けないという症状に繋がるようです。

毎日疲れてるっていうのはかなり大変です。
幸い、肝臓って回復力が高いみたいなので、しっかり対処して早急に改善しようと思います。
まずは甘いものを絶つことから始めます。